読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして:つるぎのまい

絵とかパズドラとかいろいろ

リアル系イラストとグリザイユ画法

こんばんは、つるぎのまいです。
特に説明してませんが、絵のほうでは「蕾 烈火」という名前で活動してます。
いわゆるペンネームってやつですね。
ちなみに、「つるぎのまい」はゲームやWEBなどでハンドルネームとして使っています。

さて、ここ数ヶ月の間、状況がいろいろ変化しっぱなしで、精神的余裕がほしいなという感じで過ごしています。
このGWはちょっとゆっくりできるので、休息しっかり取りたいと思います。


先日(と言ってももう1ヶ月近く経ってますが)、普段あまり描いていないリアル系のイラストを描きました。

双子座の剣

サンプル用として描いたのですが、実際描いてみてまだまだ力量不足だなと痛感しました。
自分で見て違和感があったりおかしいなって部分が分かるんだけど、直そうとするとうまく行かない。非常にもどかしいところです。自分の力量ではまだ越せていない「壁」というものなのでしょうけども。
バランスや色使いもそうですが、質感や陰影の扱いが特にできてなくて。
上手い人の絵を研究して足りない部分を吸収していきたいところです。

ちなみに、グリザイユ画法で描いてます。
単純に説明すると、先にグレーの濃淡で描いてから後で色を乗せる技法です。
陰影(造形)に集中できるし、後々の色調整もしやすいので便利です。

デジタルの方法なので絵画のほうのグリザイユ画法とは厳密には違うらしいんですが、考え方は同じみたいですね。

グリザイユ技法

方法は単純で、グレー濃淡で描いたレイヤーの上に、オーバーレイで塗りたい色を塗ったレイヤーを被せるだけ。
上記の画像で言うと、左側のグレー濃淡に、右側がオーバーレイで乗せている色。
※剣から立ち昇ってるオーラはオーバーレイではないです。非表示し忘れた。

ただし、オーバーレイだけでは、頭で思い描いていた色と異なる色合いになるので、いつも調整をしています。
自然さがないというか、違和感が出るので私は乗算や加算も利用してます(分かりやすいのが肌のような明るめの色の陰影部分かな)。
この辺の調整手法を詳しく知りたいって思われそうですが、思う色になるかならないかで試行錯誤してるのでこれといった定型がない状態です。

試行錯誤しても思ってた色(イメージ)にならないことは多いですね。
とりあえず、日々前進できたらと思ってます。